ファッション講座

ファッション講座

服との上手な付き合い方~ネクタイ編

1.アイロン掛けは厳禁です

 生地にてかりの発生やエッジのふくらみも潰れてしまいます。軽い結びシワ程度なら一日休ませるだけで元に戻ります。

2.型崩れは、たるみ糸で修正します

 何回か着用した後は大剣・小剣の裏から出ているタルミ糸を軽く引っぱってやります。こうする事で元の状態に戻ります。

服との上手な付き合い方~シャツ編

1.ネットにいれて洗濯します

 裏返しにしてネットにいれて弱水流モードで洗います。

2.シワを伸ばして陰干しにする

 全体の形を整えてハンガーで干します。上下にひっぱり丁寧にシワを伸ばす。風通しの良い場所で陰干しにする。

3.収納はハンガーにかけて保管します

 余計なシワが出来ず型崩れも防ぎます。また、すぐに着用出来ます。

服との上手な付き合い方~スーツ編

1.連続着用は絶対に避けて下さい

 シワの発生・汗の吸収によるダメージがありますので充分な休息を与えて下さい。

2.脱いだらハンガーに掛けて下さい

 肩や上襟などダメージも与えない為にも必要です。

3.ブラッシングが重要です

 生地を傷める原因の一つです。ほこりなど取り払う事によって通気性が良くなり復元力も保ちます。

4.シワには、スチームを掛けて下さい

 蒸気を与える事により自然復元力があります。繊維がリフレッシュして大半のシワが綺麗になくなります。

スーツデザインの特性

A.2つボタンタイプ

 Vゾーンが深いのが特徴です。
 痩せた方が着ると胸が浮いた感じになるので、なるべく避けた方が良いでしょう。また視線を高めに集中させたい小柄なかたにもちょっと不向きなデザインです。逆にがっしり型の人には深いVゾーンが有効ですね。大きな上半身をすっきりと見せられます。

B.新2つボタンタイプ

 3つボタンシルエットとは違い、ボタン位置を高めに設定した2つボタンのシルエットです。
 Vゾーンが深すぎず、高すぎないデザインゆえ、体型を気にすることなく着用できます。この先人気のシルエットになる事、間違いなしです。

C.3つボタン段返りタイプ

 ラペルが第一ボタンの下ぐらいまで折り返っているシルエットです。
 トラディショナルなスーツやイタリアのスーツにこのデザインが多いです。Vゾーンの開きは中庸なので体型を気にする事なく着用できます。

D.3つボタンタイプ

 現在の主流のシルエットです。Vゾーンの位置が高いのが特徴です。
 相手の視線が胸元に集まり、痩せた胴回りから視線をそらせる効果があります。痩せ型の人には最適なデザインです。また、視線を上に向かせるといった点で小柄な人にも安心して着用して戴けます。一方、首が太く胸板も厚いがっしり型の方の場合は着ると窮屈な印象になる事もあるので気を付けてください。

出会ってから最初の六秒が勝負

 日常、初対面でもその人物に対し好意を持ったり、興味を持ったり、はたまた嫌いになったりする事がありますね。その判断を下すまでに掛かる時間は、統計によると六秒といわれています。ではその六秒の間に何を見ているのでしょうか?

 まず、顔色、服装や色使い、全体のバランスなどで続いて声のトーン、話し方、間のとり方など、見た目的な面が半分以上をしめているようです。

 人は第一印象で相手に対し良い印象を持つと、後々まで全てを良いほうへ捉える傾向があるようです。そしてまたその反対も同じで、最初の印象が悪いとそれを覆すのはものすごく大変で、数倍の時間と労力が必要な事でしょう。

スーツ姿のNGポイント

  • ジャケットのボタンを全部とめてしまう。
  • ポケットに物を入れすぎてしまう。
  • パンツの裾から素肌を見せてしまう。
  • フロント釦を留めたまま座ってしまう。
  • 気に入っているスーツを毎日着てしまう。
 これらの点には気を付けて下さい。スーツは最低でも中一日は休ませて下さい。

色と柄を巧みに演出するスーツ姿とは~チェックの持つ膨張効果の存在感を利用する方法~

 タテ、ヨコ方向に広がって見えるウィンドペンの大柄なチェックは、痩せ型の人に最適です。ミディアムグレーやライトグレーの膨張効果のある明度の高い色調を選ぶと、より美しいスーツ姿を演出できます。また小柄な方は濃い色の物を選ぶと存在感が増します。逆に、がっしり型の方はチェックの膨張効果はやや不向きかもしれません。是非参考にしてみて下さい。

色と柄を巧みに演出するスーツ姿とは~ストライプのもつ引き締め効果を利用する方法~

 ストライプには視覚的に着やせ効果がある為、痩せ型の人にはやや不向きかもしれません。どうしてもストライプをと思う方は、遠めからは無地に見えるさりげないストライプを選んだ方がよいでしょう。
遠めからは無地に見えるさりげないストライプ

 一方タテのラインにはシャープな印象を生み出し背も高く見せるので、小柄な方にも最適ですね。がっしり型の方にはメリハリのあるはっきりとしたストライプを選ぶとシャープな印象になりますね。。
メリハリのあるはっきりとしたストライプ

スーツは着たら必ず、ブラッシングを心掛ける様にして下さい。

 生地は生きています。スーツは1日着用すると繊維の間に汚れやほこりが入り込んでしまいますので、頻繁にクリーニングに出すことは厳禁です。生地を逆に傷めてしまいますし、表・裏地の収縮も異なる為、型崩れの原因にもなりやすいです。

 ケアをするなら、しっかりしたハンガーに掛け風通しのよい個所に吊るしてブラッシングするのが一番です。しわになったら、霧吹きをして一晩寝かせて置いた方がよいでしょう。部分部分のしわは、スチームアイロンで軽く当てるのが最適だと思います。

今シーズンは何年だか前に流行ったベルベッド地が復活の予感です!

 一般的には、フォーマル系として扱われる事が多いベルベットですが、今年はカジュアルジャケットとして着こなすアイテムに・・・  綿パンやジーパンとコーディネートするのが今年流(遊び心)みたいです。 カラーはブラック・ネイビーが人気色です。当店にもベルベッドのお問い合わせが何件かきています。

ベルベット地 ベルベット
ベルベット

~着こなしの提案~ ストライプは品格で選ぶ?

 ブリティシュの伝統に育まれた貴賓と色気はビジネスシーンにおいてあなたを後押ししてくれます。クール感のあるオルタネートストライプは小粋なダンディズムを醸し出します。この秋冬は特にベーシックなチャコールグレーをベースにしたカラードストライプで差をつけてみてはいかがでしょうか?

 ブルー、レッド、ピンクなどカラーは豊富にありますが、その中でもパープルストライプは色気のある人気色です。又、インナーのシャツもストライプ柄のドレスシャツなどがおしゃれです。人とは違う着こなしアピール・・・「ストライプ」×「ストライプ」に挑戦されてみてはいかがですか?

ドレスシャツの提案

 柔らかく甘いイメージのピンク色系のシャツは、スーツを引き立たせられるカラーの1つです。人当たりの良い優しい存在感をアピール出来ます。ピンクは、グレー&ネイビーをはじめとして、べージュ・ブラックとさまざまな色と合い、オールマイティに着こなす事の出来るカラーです。この秋は、ピンクコーディネートに挑戦して見ませんか?

 ストライプスーツの流行の中で、人気注目度を集めているのがクレリックタイプのシャツです。 特に、ネイビースーツとの組合わせは相手に対して爽快感・清潔感や躍動感を与えてくれる魅力のコーディネートになること間違いなしです。ネクタイは、レジメンがベストです。

二つの顔を持つスーツ

 日々のビジネスシーンは勿論、夜遊びシーンにおいても華やかさを演出できる万能スーツの着こなし。昼でも夜でもアピール度の高い一着は、ワードローブに必要な二面性を持ち合わています。

 例えば、紺地に青のストライプ柄三ツ釦スーツ白ベースのワイド襟ドレスシャツ鮮やかな赤のタイでビジネスシーンを演出。又、同じスーツに黒ベースのダークカラーストライプシャツを合わせ胸元には白のチーフを覗かせてワイルドな夜の顔を演出と一着で二つの顔がもてますね。と言ってもモデルは一人ですが。

~着こなしの提案~ 細身スーツ オヤジもOK!

 今季の秋ものスーツは紳士服では体にフィットした細身のデザインが流行の兆しです。形のスリムさと動きやすさの両立をアピールする中高年向けのブランドが増えてきました。スリムなスーツ選びのポイントは心地よいフィット感があるかどうかです。当店でも細身のシルエットで仕立てられるお客様が増えています。40代・50代の方にも抵抗なく着こなせて頂けると思います。

 又、若者向けのブランドでは二ツ釦に復活の兆しが見え始めていますね。以前は流行に敏感な20代を中心に、三ツ釦のデザインが主流でしたが、現在は20代、30代の方々も二ツ釦のデザインに移行しつつありますね。スーツはビジネスとしてだけではなく、プライベートでもおしゃれ着として着る人が増えてきています

 最近のお客様のオーダーの傾向は‘ネクタイをしなくてもスタイリッシュに着られるスーツ”やそれに伴うドレスシャツなど一着で二面性を持っています。

~スーツ~ 着こなしの基本

着こなしの基本

スーツ姿が格好良く見える法則です。

 個々によって体系は千差万別です。まず大切な事は自分の体系に合ったジャストフィットのスーツを選ぶ事ですね。

1.脇の下に手を入れてアームホールを確かめます。
 ※多少きつく感じる位がベストです。

2.二枚の鏡で後ろ姿をチェックします。
 ※襟が首に沿って綺麗にカーブしているかを確認してみて下さい。

3.上着のボタンを留めた状態で椅子に座り、靴ヒモを結んでみる。
 ※背中の丸みに沿って吸い付くようにフィットしていればOKです。ずり上がってしまうものはやや大きめです。

4.電車の吊り革に掴る要領で両腕を上げてみます。
 ※両腕がスムーズに上がればOKです。腕と一緒に身頃( )が大きく上がってしまうものは出来るだけ避けた方がいいです。

 以上の四つのポイントをおさえておけば、どなたでもスーツ姿がきっと綺麗に見えると思いますよ。